アイコン連歌の花道まで徒歩1秒

verse 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:--
スポンサー広告
verse 18
点数投票制の導入について
現在『葉月の歌会』は投稿受付中です \(^o^)/

今回はルール変更なしで「点数投票制」は下弦の部から~
と、ちょこちょこ作業していたら、なんか捗り過ぎて...、
できちゃった \(^q^)/

ごめんなさいっ、やっぱり今回から導入します
また体験版も用意したので、本番前にご確認ください。
テストの歌会(公開終了しました)

簡単に説明すると、基本的には今までと同じ3票制です。
ただ内訳を特選票(3点×1)並選票(1点×2)へ変更
しました。この合計3票は必ず投票してください。
おまけに点数&上限数なし次選票を用意しました。
「これも好き」と思った作品へ自由に投票してください。
(さらに伴って「同点首位の決着方式」も改定しました。)

以上、必要な情報だけ手短にでしたが、混乱のないよう
お願いします。不明な点などは質問してください。
点数制についての所見等は、また改めて書きたいです。

こう見えて管理人は現在ときどき歌会さんに参加中で、
そっち先にやらないと...(*ФωФ)ノ まだ全然できてない。

2013/08/03 (Sat) 15:22
『月の歌会』改革案
comment (0)
verse 19
二人一組の歌会
ひゃーーー (´д゚lllノ)ノ

2度目のときどき歌会さん挑戦は参加メンバー唯一の0票でした。
その反省会もしたいんですけど、今後の予定を書くという約束が
後回しになっていたので今日はそれを。

先日Twitterでも少し話題に挙げてました。9月中に月の歌会で
特別回として「二人一組で短歌一首投稿の歌会」を計画中です。

春のお彼岸に開通した連歌の花道が、初めて秋のお彼岸を迎える
記念にお祭的なものをしたいなと思いました (ΦωΦ)
人から普段意見をもらうよりも、さらに密接に意見を交える機会
があると新しい発見もあるのではと。とにかく楽しそうだし。

詳細はお盆過ぎくらいまでにまとめて、そこから告知を重ねよう
と考えています。概要としては、
  • 会場は月の歌会
  • 9月(長月)の歌会は通常通り行う
  • それとズラして特別回として開催
そんな感じで。

簡単な発表でしたけど、賑やかにやりたいと思ってます。
意中の人には早めにアプローチしてください (*´・v・)σ

2013/08/05 (Mon) 20:34
スペシャル歌会
comment (0)
verse 20
第12回ときどき歌会
葉月の上弦も無事に閉会しました ヽ('ー')

期間中は選評を書くことに集中していたので順番が前後しました
が、今回は先日ときどき歌会さんへ寄せた選評のまとめをしたい
と思います...ヘ(゚ロ゚*)ノ 1週間が早い。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

会のあらましはtogetterでご確認ください。
こちらが今回の参加全14首一覧です。

♪♪♪テーマ詠はでした♪♪♪
はベストオブときどき は投票をした作品

坂道 登さんの一首
駅前の道路を駅と反対へ歩きたい音だけを頼りに
多くの方と共感できる描写と思います。日常からふらっと離れたい。その当てがただ「音」なのも、見えない何かへ誘われる心情がよく表れています。これは「駅と反対へ歩きたい」だけで十分に伝わるので、「駅前の道路」は省略したいと感じました。

キョースケさんの一首
龍笛の風の音にも似る調べ杜に満ちるや夏の夜明けに
みなさんと概ね同意見です。幻想的な美しいお歌で、難を言えばやや多重を感じる点か。冒頭から「の」の連続がその印象をまず与えるのかなと。「龍笛は」としたり「の音」を省略する選択肢など探ると、避けられるかも知れません。

麦太朗さんの一首
音楽はぱさりぱさりと斬られゆくカラーガードの少女の旗に
優れたクラシック音楽は空気を譜面に書いたような奇麗さがあり、優れた短歌もまた同じように思います。マーチングを見た時の感嘆、「おぉ」に包まれるそれを書くとまさにこうなるような。音楽が斬られるの表現もお見事です。花

原 必さんの一首
夕立のあとはなんにもきこえない 絶滅危惧種限定しりとり
なんとも下句のワードセンスに惹かれます。その間柄は様々に想像できますが、従兄弟たちと過ごした長い夏休みを思い出しました。近からず遠からずの関係から生まれたこんな遊び。降り出した夕立が気になるだけで消えた時間のノスタルジーを感じます。花

ダイドコさんの一首
妻の香のほわとするなりパラソルをひとりひらいて雨音聞けば
雨中にパラソルは誤用でなく、そんなの関係ない男性っぽさの演出として正しいのでは。主体の興味は無邪気に「妻の香」にあり、「雨音」も引き立て役に、(実際は音でない)「ほわ」をそれ以上の『音』としてテーマに仕立てたのが面白いです。花

西巻真さんの一首
パヴァーヌはそつと途絶えて息だけがつづいた夏の夜の深い場所
キャッチーな初句が目に止まります。ただ一般に馴染みない単語への戸惑いで、やはり正当な評価は難しく感じました。分かる方には特別なお歌になるかもですが。結びへの畳み掛ける場面説明で、ぐっとそこへ引き込まれる流れは気持ち良いです。

泳二さんの一首
蝉の声突然の雨トタン屋根さらば雑音でできた季節よ(雑音=ノイズ)
選評なし。花

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* (以上掲示番号順)

他のご意見を受ける形で書いたものもあって単独では読みにくい
部分あるかもですけど、等身大の足跡としてそのままで。
〆切間際にわたわた書いた原 必さんへの選評を一部修正したい
と思うのもそのままで。最後に今回最下位だった拙歌を...。


連歌の花道の管理人一首
砂浜のキーホルダーは目を閉じた藍色の音だけが流れる
最終結果は0得票でした。それでもこんなに多くの選評をいただき、前回初参加で魅了された会の熱気に改めて感動しました。月の歌会が憧れてるのはこれなんです。ただの投票レースならガッカリだけで終わるものが、多くの意見に支えられて得難い勉強ができる。うちもいつかはこんな会にしたいと思ってます。今回はこれを言いたくて、わざと下位に落ちたようなもので(うそ)...この後、長い反省会(省略)

※ここからはもやもやの書き溜めです。
前回は〆切ぎりぎり提出が好結果で、今回は時間いっぱい「柳の下のどじょう」を追う。作文あるあるの「長く考えすぎるうち全体がゲシュタルト崩壊状態」に。そんな消化不良で選評タイムも最初2日間は向き合えずに(ごめんなさい)、自サイトいじりで気を紛らわしてると予定外に「点数投票制」が完成(ゎぁ)という裏事情も。いただいた選評はやっぱり「分かりにくい」が並んで「あぁ...」と。自作を長く見てると、自分では歌意が分かりきってる気になる。短歌という「削いだ美」を追う世界で、必要な意味まで捨ててしまう。でも初見の人にゼロから伝わる文にしないと。そこにズレが。今回テーマの「音」は、実在しない音を書きたかった。「藍色の音」で「夜」を表現して、「砂浜に置き去られたキーホルダー」で「過ぎた時を偲ぶ諦観」を詠む。イメージは良いと思う。でも伝わる文になってない。抽象がこじれてる。後日花道で上句供養すると歌意に沿った下句が集まる。上句だけの方が意図も明確で、下句が困惑を誘ってたよう。どれも素敵な作品、上句が持ってた詩情も悪くないと思う。今回反省は作歌の詰め方でバランスを見失わないこと。説明文にしない詩性は大事だけどメッセージが届かないと結局響かない。「隠してる言葉を見せる」一見矛盾する演出が、受け手に気持ち良い読解感を残すと思う。ここまで読んだ方、目を悪くしないように。ではでは、また次々~。

2013/08/11 (Sun) 20:42
よそさまの歌会
comment (2)
verse 22
夏休みです
管理人は11才なので(きっぱり)、小学校は夏休みです

花道の方も手を抜きながら、来月開催の『二人一組歌会(仮)』に
向けた準備だけ裏でポチポチやってます...φ(. .*)
ただチェックは毎日マメにしてるので、最近また新しい方に来て
いただけているなって、裏でにんまりもしてます...φ(*'-')

連歌の面白味はなんと言っても「変化」にあると思います。
やっぱり違った風が運ばれてくると場が色めきますよね。前から
いる方との不思議な融合が楽しみです...φ(. .*)

葉月の上弦では、先日の記事でピックアップしたお二人が見事に
1,2フィニッシュでした 黒団子さんの裏連覇すごかった。
このブログもOLを中心に幸運を呼ぶと話題になって、書籍化まで
見えてきたと思います...φ(*'-')
優勝の方が前回と同じだったので、こちらの特集も今回はお休み
にしておきます。あと暑いし...φ(. .*)
遊糸さんとか「そろそろ私かな」と思っていたかも知れませんが、
残念でした...φ(*'-') 下弦で良い成績だったらね。

では今日もラジオ体操からのタッチも見たので、あとはプールに
行ってアイス買ってゲームします.........( *'-)

2013/08/17 (Sat) 11:37
ごあいさつ
comment (0)
verse 23
葉月の歌会 下弦の部
葉月の歌会ご参加のみなさまありがとうございました <(_ _*)>

選評を導入してからは、どうしても期間中そっちに集中してるので
ブログ更新が後回しになる~と言い訳しつつ...。
この間に、「二人一組で短歌一首を投稿する歌会(仮)」も改めまして
R-2ぐらんぷり
として正式発表されました。そのお話はまたの機会に。

今回は葉月下弦の歌人さんピックアップです

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

みそ味さん
初参加初優勝と言っても花道の初期常連さんで、それ以前からも
多方面で造詣が深い方と知ってたので、今回は驚きより流石の印象
でした。ユーザーさんの参加不参加に情を挟むとキリがないですが、
ふらっと戻ってきてくれたのも嬉しかったです。丁度お祭もあるし、
みそさんの作品ファンなので、また暫く遊んで行ってください。

miyafiさん
もう一人は月の歌会10回連続皆勤賞に感謝を込めてミヤ...、ミヤ...、
ミヤーさんです。思えば第1回に最初の投稿をくれたのが、ミヤ...?
ミヤーさんでした。そこから会は10回を重ねて、今度は大会開催の
エントリーNo.1にも悠さんと登録いただきました。楽しみですね。
これからも会と共によろしくお願いします。以上、悠さんでした

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

さてさて、先月と比べてブログ更新数が減ってます。典型的な最初
だけ頑張ってた系にしたくないので、「簡潔な記事を頻繁に」を目標
に、ガンガン ズンズン グイグイ 上昇に乗って行きたいです。

2013/08/27 (Tue) 21:11
歌人ピックアップ
comment (2)
Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。